福岡県非公認ローカル怪人サイト(不定期更新!)

Webマンガ ドンタク防衛隊

博多レッド

 

博多3大祭りのひとつ
「方生会(ほうじょうや)」とは?
 

 

 

 

◆概要

 

放生会は、生きとし生きるもの生命をいつくしむお祭として、千年の昔から続いています。

 

日本中の他の神社でも行われていて「ほうじょうえ」と呼ばれていますが、筥崎宮の「放生会」は「ほうじょうや」と呼ばれ、毎年9月12日~18日まで行われます。
たくさんの夜店が並び、特設ステージでは、多彩なイベントも目白押しです。

 

放生会 挿し絵

約1Kmの参道に延々と700程度の露天が立ち並ぶ他、見世物小屋やお化け屋敷、オートバイ曲乗りステージなども設営され、期間中100万~150万人の人出で賑わいます。

 

博多では「盆と正月が一緒に来る」=「ナシもカキも放生会」と言うことわざがあるくらい市民に親しまれています。

 

放生会名物と言えば、博多ちゃんぽん放生会おはじき、濃い緑の葉がついた新ショウガです。

 

 

◆戦前の賑やかだった頃の放生会

 
※放生会着物(ほうじょうやぎもん)
7月の山笠に出た旦那衆が、山笠で苦労をかけたごりょんさん(商家の奥様)に、お世話になった
慰労(罪滅ぼし?)に着物を買ってあげる習慣があり、また、ごりょんさんは贈られた着物を着て
放生会に出かけて行ったそうです。

 

※幕出し
 放生会の15日は商家は店を休み、商家や町内単位で放生会に繰り出しました。
思い思いにデザインを染め抜いた大きな幕を用意し、筥崎宮前の松原の松の木の枝にその幕を張り、囲んだ中で大宴会をしたそうです。

現在は行われておらず、博多町人文化連盟の方たちが、当時のスタイルで「幕だし」を復活されているそうです。それをご覧になり、戦前の賑やかだった頃の幕だしをしのんでみるのもいいですね。
 
【参考HP】

博多に強くなろう シリーズ18「方生会」/西日本シティ銀行
博多の傘屋の博多学
ウィキペディアフリー百科事典
福岡よかとこ.com 

 

4コマ 放生会の危機TN第3話【放生会の危機】へ





 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※コメントは承認制です。 コメントが反映されるまで に時間がかかる場合があります。

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://zdf.yokastudio.jp/fukuhaku-school/knowledge/6858/trackback/

Back to Top