福岡県非公認ローカル怪人サイト(不定期更新!)

Webマンガ ドンタク防衛隊

Webマンガ ドンタク防衛隊 > 福博寺小屋 > 博多レッドの「ふくはく豆知識」 > 福博豆知識:博多名物「博多おはじき」

博多レッド
「博多おはじき」とは?
 少し調べてみた。

 

 

 

 

◆概要

ohajiki_s

photo:博多陶遊窯

「泥めんこ」「泥めん」ともよばれる博多おはじきは、古くは江戸時代から伝わる子供の玩具で、直径2cm程の土を素焼きした状態のものに、色付けを施したものです。

 

明治の終わりの頃から紙製のめんこにとって変わられ、消滅しそうになりましたが、昭和50年代半ば頃、博多人形師有志が復活させ、博多の祭り「放生会(ほうじょうや)」で売り出し人気を博します。これ以降「博多おはじき」の名が定着したということです。

 

また、「おはじき」は子供の遊び道具でもありますが、言葉のとおり、はじいて遊ぶことから、悪災をはじくとの意もあり、厄除けのお守りとしても珍重されることもあるそうです。

 

*泥めんこについては、「泥めんこ」ってなあーに? にて詳しい説明があります。

 

 

◆毎年テーマが変わる?

毎年9月に筥崎宮で開催される「放生会」にて販売されている博多おはじきは、前出の博多人形師達で構成される会(白彫会)が、1979年からその年のテーマに沿い、博多人形と同じ行程で限定生産、ひとつひとつ手作りしています。
 

初日に販売と同時に売り切れるほどの人気があり、手に入れるには中々の努力(早起きして並ぶなど)が必要です。

 

ちなみに、今年(2011年)のテーマは「祝・九州新幹線」だそうです。

 

*「放生会」にて販売されている博多おはじきは「放生会おはじき」と呼ばれることもあります。

 

 

◆遊び方

・二人以上で遊びます。
1)同じ数出しあい、全部まとめて投げます。
2)表が出たものだけを拾い、また投げます。
3)これを繰り返し、最後に残った1枚を出していた人が勝ちです!おはじきを全部もらえます。

 

 

◆体験できると?

博多町家ふるさと館」において、毎年開催されている夏まつり期間には、おはじき教室が開催されています。
絵付けをしてオリジナルな博多おはじきが作れるなんて魅力的ですね。
来年はぜひとも行ってみたい!!

 

 

※参考資料

 ・福岡博多の観光案内サイトよかなびweb

博多陶遊窯

日本吉

博多浪漫紀行

ふくおか商店街blog

・ へっぱくBLOG

博多おはじき記事(個人blog)

 

 

4コマ 放生会の危機TN第3話【放生会の危機】へ





 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※コメントは承認制です。 コメントが反映されるまで に時間がかかる場合があります。

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://zdf.yokastudio.jp/fukuhaku-school/knowledge/6639/trackback/

Back to Top